東京入国管理局認定優良学校

東京ひのき外語学院

トップページ > 卒業動向 > 卒業生感想



卒業生 馬 鴻倩

多くの皆様は、日本語学校とは"日本語"という言語を勉強する場所である、と認識されているのではないでしょうか。それはもちろんのことですが、日本語学校は、日本語の習得のみを教えているのではなく、如何にして「日本」という社会に適応していくか、という生活力の向上についても、学習する機会を与えてくれる場所でもあるのです。 「ひのき学院」での授業は、教科書のみに限らず、更に日本の社会、文化、風習を理解するために、様々な工夫がなされています。先生方は、毎週話題となったニュースをビデオに録画して、授業時に私たちに視聴させ、自分たちの興味・関心がある話題について議論する、といったことも行います。それは、私たちの"会話能力"を向上させるだけではなく、広い視野で物事を考える訓練になり、同時に、時事の話題が入学試験における筆記試験・面接試験にて出題されることもあるのです。年二回の校外活動や各種パーティーは、私たちに「日本に来て良かった!」と感じさせてくれるものであり、和やかな雰囲気が、参加者同士の理解を深めてくれる良き機会となっています。 在学していた二年間は、教師の皆様には本当にお世話になりました。「日本留学試験」の数学と総合課程について、熱心にご指導いただいたこと。親身になって、私たちそれぞれに相応しい大学や専門学校を探してくれたこと。休憩時間を利用して、学生たち一人一人に対して、面接のご指導をいただいたこと。卒業式が終わったあとの、盛大なパーティーまでご準備いただいたこと・・・。 最後に、卒業前に詠んだ川柳を。 『あいうえお 日本語学び ヒノキから』



卒業生 尹 明珊

日本語学校での二年間は、正に「光陰矢の如し」。この短い二年間の間に、私は本当にたくさんの、美しい思い出を作ることが出来ました。なかでも、大学院受験を目指している私に、心からのご指導をいただきました先生方のご恩は、忘れることができません。柳川先生には、私の進学のために学習計画を作成していただき、福島先生には、研究計画書や出願論文についてご指導いただきました。井上先生は、何回も模擬面接をご指導いただき、更に、大渡校長の推薦により、文部奨学金を受給することが出来ました。 このように、本当に熱心な先生方のご尽力により、私は"大学院進学"という夢をかなえることができました。 日本語学校を卒業した私の前には、新たなる人生における、大きな可能性を秘めた「道」が、はっきりと見えるようになりました。今後、私がどこに向かおうとも、どのような地位に就こうとも、わが母校「東京ひのき学院」のことを、一生涯忘れません。 "何故ですか?"と尋ねられたら、必ずこのように答えます。 「わが母校こそが、私の成功の原点だからです」

中華人民共和国
駐日本大使館

東京入国
管理局

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-29-7 ひのき会本部ビル TEL:03-3465-3000 FAX:03-5465-2122
E-mail:info@hinoki-japan.com

form